年利

4.5%〜9%

AP Fundingを選ぶ3つの理由

1⼝1万円から始められる、
オンライン完結型の不動産投資サービス

多様なテーマ・⽬的を持つ
バラエティ豊富なファンド

優先劣後構造による信⽤補完で
安全性を⾼めた投資スキーム

ファンドの仕組み


賃貸収入や売却による利益から配当を優先分配
お客様は、当社との間で匿名組合契約を締結していただき、その後出資金を払い込みいただきます。お客様の出資金は優先出資部分となり、当社が劣後出資をして運用します。
分配にあたっては、まず優先出資者であるお客様に、物件ごとの配当利回りに至るまで優先的に分配し、その後、残利益があった場合に、劣後出資者である当社に分配します。

優先劣後構造による信用補完


賃貸収入や売却による利益から配当を優先分配
優先劣後構造による信用補完により、不動産価格の下落が劣後出資部分までの下落であれば、お客様の出資元本は守られる仕組みを採用してます。下落分が劣後出資全額を超過した場合には、優先出資者の元本は毀損となる影響を受けます。
※取得時の価格が1億円で、当社の劣後出資が30%の場合、運用不動産の評価額の下落幅が3,000万円(運用資産1憶円×30%)以内であれば、優先出資者(投資家様)の元本金額に変動はございません

安定した高い収益性


銀行預金より10倍以上利回りがよく、価格変動性が低い
J-REITへの投資は、株式市場の変動に大きく左右されるため、利回り商品ではありますが、株価の暴落が発生すればその価格は変動します。それに対し不動産に特化した投資型クラウドファンディングでは、価格に日々の変動は大きく生じないため、投資家の皆さまは期限が到来し資金の返還がなされるまで、配当を確認するのみで、日々の値動きに翻弄されることはありません。
※ 分配率年3~7%は確定したものではございません。※ 元本および予定分配率を保証するものではありません。※ 定期預金の利率は年利0.1~0.3%として比較しています。

さあ、

自分好みのファンドを

見つけよう